« リフォーム日記25=内装の作業に進みます。 | Main | リフォーム日記27=対処方法 »

02 February 2009

リフォーム日記26=軒裏のシミ

No.26

軒裏のシミ

リフォーム開始当初より気になっていたのが、正面の軒裏に出来たシミ。

Dsc02864

大工さんの田沢さんと原因について色々考えてきました。

外壁を伝った雨が水切り出来ずにそのまま軒裏に流れているのか、

瓦屋根の部分から雨漏れしているのか

はたまた違うところからの雨漏れなのか?

原因を掴むには足場がある時点での手術(一部解体)しかないと

二人でシミのある軒裏付近で調査開始です。

Dsc03160

外壁の最上部の笠木部分を剥がしてみました。

ご覧のとおり下地の合板が、防水紙の効力空しく

溶けてなくなっていました。

Dsc03159

この笠木の板金が外壁のサイディングにしっかり被っていない部分を発見。

ただしこの隙間が直接の原因ではない様子です。

合板の壊れ方から考えると

水はやはり笠木の上面から入っていると思われました。

Dsc03125_2

これが笠木上面の様子。

板金自体と合わせの部分はほぼ無傷ですが、

よく見ると原因が分かりました。

板金を止めている釘です。

当初は釘の頭部分にシーリングをつけていて

雨の侵入を防いでいたわけですが、

シーリングの劣化により雨が進入。

それが釘を伝って下地の合板を浸していたようです。

対処方法については、次回報告します。

|

« リフォーム日記25=内装の作業に進みます。 | Main | リフォーム日記27=対処方法 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リフォーム日記26=軒裏のシミ:

« リフォーム日記25=内装の作業に進みます。 | Main | リフォーム日記27=対処方法 »