« September 2009 | Main | November 2010 »

29 October 2010

住宅性能評価員のつぶやき No001

実は私、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく

”住宅性能評価員”として性能評価機関に登録しています。

今後、「住宅性能評価」に関しての情報をシェアして行こうと思いますので、

気長に御付き合いを!

先ず、この法律はどんなことが趣旨かというと、

○住宅の品質確保の促進と、消費者が安心して住宅を取得出来る市場条件、

 住宅に係る紛争の処理体制の整備(ここが大事!)を図るため

ということなんです。

この制度の創設の背景は、やはり住宅取得・売買に関しての

様々な問題があるためということでした。

消費者にとっては、

①住宅の性能についての共通ルールがないため、比較が難しい

②住宅の性能に関する評価の信頼性に不安

③住宅の性能に関する紛争について、専門的な処理体制が無いことから、

 その解決に多くの労力がかかる。

④新築住宅の取得の際に、契約書において瑕疵担保期間が1~2年などとなっているため

 その後に瑕疵が明らかになっても、無償修繕等が要求出来ない。

この様な問題を解消するために制定されたのでした。

次回は、この「住宅品確法」の3本の柱について御話しします。

((参考文献:必携 住宅の品質確保の促進等に関する法律 (株)創樹社 ))

| | Comments (0) | TrackBack (0)

風和杜(ふわっと)ものがたり N0.002

なんともお久しぶりです。

No.001 にてご紹介したご家族の住まい

この10月に無事竣工しました。

本当ならOn timeでシェア出来れば良かったのですが・・・

このご家族、2世帯住宅の建て替えでした。

私との窓口は、子供世帯の世帯主(要は息子さん)。

といっても私より年上の方です。(笑)

はじめは第2世代の息子さん夫婦に話を伺い、次に第1世代である母上様とご対面です。

私は、施主さんである母上様(おばあちゃん)に初めてお会いした時に

「このおばあちゃんの為の空間を大事にしたい」って感じました。

人が集まりやすく、明るく、ゆったりと和める空間。

その上に成り立つ、賑やかで柔らかい子供世帯=「次世代の空間」。

家族というものはやはり時系列のなかで繋がっていくのではないか。

土台となる第1世代が、家族の空気の基礎。

その上部に位置する第2世代が第1世代に守られて

暖かく第3世代を育てていく。

そんな「家族の在り方」をかたちにすることが、

このご家族のための住まいへの私の使命だと感じたのでした。

次回は、具体的にどの様な住まいになったのかを御話しします。

なるべく速やかに!(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2010 »