« 風和杜(ふわっと)ものがたり N0.002 | Main | 風和杜(ふわっと)ものがたり N0.003 »

29 October 2010

住宅性能評価員のつぶやき No001

実は私、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく

”住宅性能評価員”として性能評価機関に登録しています。

今後、「住宅性能評価」に関しての情報をシェアして行こうと思いますので、

気長に御付き合いを!

先ず、この法律はどんなことが趣旨かというと、

○住宅の品質確保の促進と、消費者が安心して住宅を取得出来る市場条件、

 住宅に係る紛争の処理体制の整備(ここが大事!)を図るため

ということなんです。

この制度の創設の背景は、やはり住宅取得・売買に関しての

様々な問題があるためということでした。

消費者にとっては、

①住宅の性能についての共通ルールがないため、比較が難しい

②住宅の性能に関する評価の信頼性に不安

③住宅の性能に関する紛争について、専門的な処理体制が無いことから、

 その解決に多くの労力がかかる。

④新築住宅の取得の際に、契約書において瑕疵担保期間が1~2年などとなっているため

 その後に瑕疵が明らかになっても、無償修繕等が要求出来ない。

この様な問題を解消するために制定されたのでした。

次回は、この「住宅品確法」の3本の柱について御話しします。

((参考文献:必携 住宅の品質確保の促進等に関する法律 (株)創樹社 ))

|

« 風和杜(ふわっと)ものがたり N0.002 | Main | 風和杜(ふわっと)ものがたり N0.003 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 住宅性能評価員のつぶやき No001:

« 風和杜(ふわっと)ものがたり N0.002 | Main | 風和杜(ふわっと)ものがたり N0.003 »