« 風和杜(ふわっと)ものがたり N0.005 ひと工夫 | Main | 住宅性能評価員のつぶやき No002 »

05 November 2010

風和杜(ふわっと)ものがたり N0.006 色のいろいろ

前回の話で、色温度という言葉を出しました。

色を感じるということは、

その場の空気(状態)を感じることだと思います。

その色の雰囲気が暖かいと感じれば

色の持っている温度が高ければ

その空間も暖かく感じるのだろうと感じます。

先日リフォームに参加させて頂いた住まいの話ですが、

既存のWCの壁は白地に太い青色のストライプのクロスでした。

なんとも寒々しく、入っただけで身体が冷えるような感覚です。

本来、WCの色温度は体調管理には非常に重要な要素なのです。

特に御婦人の皆様にとって、特にそのように感じます。

WCには健康管理のための色々な情報があると思うのです。

そこでの居心地は、やはり暖かく快適にしたいですよね。

身体を冷やすような色のWC、あまりよろしくなさそうです。

そのような考えからなのですが、

先述の住まいのWCも暖色系(生成りの天井・壁+橙系の床)に

まとめました。

御施主様も

「明るく、なんだか暖かく感じるし、清潔感があるね」

という感想でした。

色は、とても意味深いものですね。

まだまだ、御話しすることが多いので

今回はこの辺りにしておきます。

|

« 風和杜(ふわっと)ものがたり N0.005 ひと工夫 | Main | 住宅性能評価員のつぶやき No002 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 風和杜(ふわっと)ものがたり N0.006 色のいろいろ:

« 風和杜(ふわっと)ものがたり N0.005 ひと工夫 | Main | 住宅性能評価員のつぶやき No002 »