« いまこそ、つながるとき | Main | 風和杜(ふわっと)ものがたり N0.016 「健長寿を全うする為の22カ条」04 »

29 March 2011

東京、埼玉 御住まいのこれからのこと

余震が一段落してきた感のある東京や埼玉ですが、

ガソリン入手が安定し、飲料水等の安全性等が落ち着いてくれば

その後に関心を持たれることは

御住まいの被害調査と今後の耐震診断に

着目される方が多いようです。

日本の木造住宅は使い捨てのように言われますが、

ちゃんとした手入れを継続的に行えば、

そのようなことはないと思っています。

今回の様な構造躯体に外力が働いた時(地震で揺れた)など、

家全体のひずみやゆがみが

少なからず発生した時に

早め早めの補修、修正を行うことで、

大切なお住まいの寿命を延ばすことが可能です。

今現在、建材流通が大変困難な状況となっていますが、

出来るだけ対応出来うるように

対応したいと考えています。

そんな状態ですので、

出来るだけ早めにご相談頂けますと、

お互いに良い方向へ進むことができると

思います。

|

« いまこそ、つながるとき | Main | 風和杜(ふわっと)ものがたり N0.016 「健長寿を全うする為の22カ条」04 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京、埼玉 御住まいのこれからのこと:

« いまこそ、つながるとき | Main | 風和杜(ふわっと)ものがたり N0.016 「健長寿を全うする為の22カ条」04 »