« いまできること つづき | Main | パニックになるな! »

23 March 2011

住まいのご機嫌は如何ですか?

余震の揺れも落ち着きを見せていたように思っていましたが
そんなこともないと気付かせるように
ここのところまた、余震続きです。

私の設計させて頂いた御住まい達のご機嫌伺いも
ひと段落してきました。

震度5強という揺れにも関わらず、
住まい本体への破壊等は見られず
(5強で壊れたら会わす顔がありませんが)
外構の塀等のクラックが生じた程度の被害でした。

ただ、鉄骨造ALC外壁のタイルが
目地部分で剥離した箇所がでて
数か所の補修が必要な建物も出てしまいました。

ALC外壁は設計上、ALC自体を壊さない様に揺らすために
目地への負担が掛り易く作ってあります。

そこでALCとタイルの目地を合わせて施工するなどの
工夫をしておきましたが、
なかなか吸収しきれなかったようです。

私の設計した木造住宅に関しては、特に破損事象は無く
なによりの状況です。

ただ、目に見えないところで外壁等が破損している場合、
そこから雨漏れとなる可能性もありますので
出来ればなるべく細かく観察して
ひび割れ等の破損が無いかをチェックして頂きたいと思います。

またここにきて、
耐震補強に対しての問合せも増えてきています。
皆さん、ご自宅の状況がどの様な耐震性があるのか
やはり強く気になり始めているようです。

御相談頂きました皆さんへは
出来る限り条件に合った
適切なアドバイスが出来るように
いつも考えております。

|

« いまできること つづき | Main | パニックになるな! »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 住まいのご機嫌は如何ですか?:

« いまできること つづき | Main | パニックになるな! »