25 November 2010

住宅性能評価員のつぶやき No005

今回は、10年間の瑕疵担保責任の対象となる基本構造部分について御話しします。

ここでいう”基本構造部分”ですが、大きくは2項目に分類されます。

”構造耐力上主要な部分”と”雨水の侵入を防止する部分”です。

”構造耐力上主要な部分”とは、

「住宅の基礎、基礎杭、壁、柱、小屋組み、土台、斜材(筋交、方づえ、火打ち、等)、床版、屋根版、横架材(梁、桁、等)で、当該住宅の自重若しくは積載荷重、積雪、風圧、土圧、若しくは水圧又は地震その他の震動若しくは衝撃を支える部分」と定義されています。

この定義は、建築基準法施行令と同様の内容となっています。

文字通りに、住宅が受ける若しくは受けている色々な力に対抗して、住宅を守っている部分の事ですね。

次の”雨水の侵入を防止する部分”ですが、

①住宅の屋根又は外壁

②住宅の屋根又は外壁の開口部に設ける戸、わくその他の建具

③雨水を排除するため住宅に設ける排水管のうち、当該住宅の屋根もしくは外壁の内部または屋内にある部分

となっています。

③は分かりずらいですが、雨水を通す配管が屋内を通ったときに当てはまります。

以上の2点の”基本構造部分”が10年間の瑕疵担保責任の対象となるわけです。

この法律での対象部分とは、やはり住宅としての最低限の性能としてなくてはならない部分ですよね。

逆にいえば、法律で決めなければ担保出来ないような住宅を創ってしまう方たちがいたということもある意味悲しいことだと思います。

ものを創る者としての”モラル”が問われると同時に、責任転嫁ではありませんが、すまいを創るということに対しての文化の衰退を感じてしまいます。

経済性だけを追い求めて、大事な部分を置き忘れてしまった日本の高度経済成長の欠陥が、この様な結果を生み出しているひとつの要因ではないかと感じてしまうわけです。

脱線してしまいましたが、

次回は、”地盤”についての扱いについてお話しします。

では、次回をお楽しみに!

| | Comments (0) | TrackBack (0)